HOME > システムについて > PROGRESS IN ENGLISH 21

システムについて

PROGRESS IN ENGLISH 21

中学英語から大学受験まで 英語を総合的に学ぶ最高の教材

ノースウッド学院では、「高3卒業までに英検準1級を!」との目標達成を可能にするために、中学生クラスとして、これまでの文科省認定の中学生テキストを使用するクラスの他に、『PROGRESS IN ENGLISH 21』を使用するクラスも開設しています。この教科書の特に優れているところは次のような点です。

  1. どのSceneも見開き2ページで、<本文、ポイント、文法のまとめ、練習>で構成されていて大変解り易く、使い易く出来ています。
  2. 文科省検定教科書は文法事項で抜けているところが多く、それをプリント等で補わなければならないが、PROGRESS 21は全て網羅しています。
  3. 英語の学習者として基本的に知っておくべき英米の歴史や文化も重視し、テキストの中に散りばめられています。
  4. 学習語彙が圧倒的に多く、入試(高校、大学)や英検受験に断然有利。
    [中学3年間 (Book 1-3) の単語数]
    ・検定教科書 約900語
    ・PROGRESS 21 約3,000語
  5. リコーディングが素晴しい。ナチュラルに近い速度でリコーディングされており、感情が自然で豊かに表現されています。(検定教科書のリコーディング速度は遅すぎる。)
  6. リピーターがあり、練習したい箇所の頭だしがすぐにでき、Listening, Repeating, Readingの練習に威力を発揮します。 100回音読を実践するノースウッド学院生の力強い味方です。少し高価ですが、6年間使うことを考えれば十二分以上投資に見合うと思います
  7. その他優れた点がいっぱいあり、全国の多くの有名私学で使われているのも頷けます。詳細は資料のPROGRESS IN ENGLISH 21「DIGEST」をご参照下さい。

資料請求へ